多彩な外国語ニーズに対応

パソコン

契約書からマニュアルまで

ビジネスのグローバル化に伴い、得意な方も多い英語だけでなく、中国語や韓国語をはじめ、ベトナム語やタイ語など東南アジアの言語やドイツ語、フランス語といったヨーロッパ圏、ロシアやモンゴル、アラブ諸国やアフリカ諸国と多彩な外国語による取引も増えています。世界標準語である英語がベースになることが多いものの、中にはその国の言語を翻訳する必要に迫られます。社内に分かる人材がいない時や、簡単な会話はできても、文章を書いたり、難しい文書の訳ができないといった場合には翻訳会社に依頼して、専門家に間違いなく訳してもらいましょう。取引条件など重要な取り決めをする契約書や、操作ミスや仕事の品質や安全性に大きく関わる、外国製機械の取扱説明書や技術書、各種マニュアルなども翻訳会社への依頼がおすすめです。たとえ、それが英語で書かれていて社内の人材でもほぼ理解できるといったケースでも、慎重を期して翻訳会社に依頼しましょう。各言語に精通しているだけでなく、契約書が得意、技術書や専門書、マニュアルの翻訳が得意といったジャンル別の翻訳会社もありますので、訳したい文書の種類や言語に合わせて選ぶのが賢明です。また、一人で対応する業者より、ダブルチェックやトリプルチェックが入る翻訳会社を選び、翻訳のミスを防ぎ、正しく分かりやすい内容に仕上がるようにしたいものです。翻訳会社の正確度や信頼性をよく確かめたうえで、納得できる業者に依頼しましょう。

Copyright© 2018 翻訳会社に依頼しよう|海外でビジネスが可能 All Rights Reserved.